豊かな暮らしのお手伝い

2019-03-15
カテゴリトップ > 楽器TOP > アコースティックギター > ヤマハ(Yamaha) > ナイロン弦モデル
側/裏板にはローズウッド、指板にはエボニーを採用し、楽器としての機能を重視した上位モデル!ヤマハクラシックギターCG182C(米杉単板)
側/裏板にはローズウッド、指板にはエボニーを採用し、楽器としての機能を重視した上位モデル。シンプルな外観ながらバランスの良い、完成度の高い実用的なモデルです。表板にスプルースの単板を使用しています。
旧CGシリーズをベースに、随所に日本製ハイエンドクラッシックギターGCシリーズのファクターを取り入れて、サウンド・演奏性・外観を向上させたモデルです。
主な仕様 表板 米杉単板
裏板 ローズウッド
側板 ローズウッド
ナトー
指板 エボニー
下駒 ローズウッド
指板幅(上駒部/胴接合部) 52mm/62mm
弦長 650mm
糸巻 1157G (ゴ―ルド)

側/裏板にはローズウッド、指板にはエボニーを採用し、楽器としての機能を重視した上位モデル。シンプルな外観ながらバランスの良い、完成度の高い実用的なモデルです。表板にスプルースの単板を使用しています。
旧CGシリーズをベースに、随所に日本製ハイエンドクラッシックギターGCシリーズのファクターを取り入れて、サウンド・演奏性・外観を向上させたモデルです。
●ヘッド形状
シンプルで上品なイメージに変更いたしました。また、ヘッド中心部には音叉ヤマハマークを配しています。
●ネック仕様
多くの演奏家から支持されている「GCシリーズ」と同じ形状を採用。更にネック背面を艶消し塗装とし、スムースなフィンガリングとポジション移動時の適度なグリップ感を実現。又、3ピースネック仕様とし、工場出荷後の環境変化による反りやネジレへの耐性を強化しました。
●響棒配置
ハイエンドモデル「GC70」及び「GC71」の響棒配置を参考に、放射響棒の配置を変更するなど表板の振動効率を向上させ、大幅にサウンドを改善いたしました。
●サウンドホールインレイ(響穴象嵌)
暖色系の組み合わせで明るく華やかなイメージを持たせると共に、象嵌の幅を僅かに狭める事でスッキリと上品なデザインにいたしました。
●下駒塗装仕様
下駒部を従来のグロス仕上げから、マット仕上げに変更し、塗装自体の厚みを抑える事によって下駒から表板へのエネルギー伝達を改善いたしました。
価格
43,200円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
1〜2営業日以内に発送予定(休業日除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く